サプリメントアドバイザーの仕事

サプリメントアドバイザーの仕事を確認

>

病院で働くこともできる

大きなやりがいを得られる仕事

病院では患者さんの病気を治すために、サプリメント使うことがあります。
薬も使われますしそちらの方が、効果が大きいというメリットがあります。
しかし薬は、副作用強いというデメリットがあることを忘れないでください。
身体が弱っている患者さんには、薬を与えられないことがあります。
代わりに与えられるのが、サプリメントです。

サプリメントは効き目が緩やかなので、身体に大きな負担を与えることがありません。
病気で身体が弱っている患者さんにも、使用できます。
その時に、どのサプリメントを与えれば病気の改善に効果があるのか意見を求められる場合があります。
患者さんの病気を治すことに繋がるので、とてもやりがいが大きい仕事です。

食生活のアドバイスをすることもある

病気を改善するためには、薬やサプリメントを服用していれば良いわけではありません。
食生活を整える必要があります。
栄養バランスの優れた食生活を患者さんが遅れるように、サプリメントアドバイザーの資格を持っている人がアドバイスをすることがあります。
食生活を整えた上で不足しがちな栄養を、サプリメントで補給する形になります。

食生活のことも、患者さんに伝えてください。
病気の影響で、特に不足しやすい栄養があります。
それを伝えることで、患者さんも積極的にサプリメントを摂取してくれると思います。
また患者さんによっては、錠剤だと服用しにくく感じるかもしれません。
その場合はドリンクタイプのサプリメントを紹介してあげましょう。


この記事をシェアする
TO_TOP